仕事中突然、
外人「Windows Helloの設定ができないんですよ~」
という問い合わせが来た。

僕「(゚ロ゚;)エェッ!?(そういう仕事だったっけ・・・)」
僕「( ´,_ゝ`)まぁ、いずれにしても楽勝だろう。」

とりあえず、ネットで調べてみる。

なるほど。Windows Helloを使用するためには、指紋認証デバイスかデプスのとれるカメラが搭載されていないとだめなのね。
僕の自宅のPC Surface Pro 4だから知らなかったわ~~~~。
Windows10ならすべてのPCで使用できると思ってたわ~~~~~~~~~~~。



嘘ですすみません。

当初、Windows設定「Windows Hello」が以下のような表示になっていました。
(外人のPCだったので英語です。かっこつけて英語にしたわけじゃないです。)

dynamic-lock-windows10

僕「Windows Hello isn't available on this device???嘘乙!!!!
このノートPC、Windows Hello対応のシール貼ってるんだからな!!!!!」


(デバイスマネージャーを開く)
僕「ハッハー!このPCの指紋デバイスがオフになっとるわ!!!!
よくわかんないなら、おとなしくデフォルト設定で使用しとけや!!!!
デバイスマネージャーで指紋デバイスONにすればいけるわ~~~~~~。」




いけないんだなこれが!!

指紋を設定できるボタンは現れたのだが、クリックすると一瞬でウインドウが閉じる・・・なんでや・・・。

結局原因は、コントロールパネルのシステムとセキュリティ、
ユーザーアカウント制御の設定」が「通知しない」になっていたためでした・・・。
突然日本語表記になりますが、下記画像のような状態になっていました。

ユーザーアカウント制御


4段階設定の上から2番目に設定しとけば問題なくWindows Helloの設定ができました~。
めでたしめでたし。